ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2012オルテナウ・シュロス・スタウフェンベルク・シュペートブルグンダー・トロッケン VDPオルツヴァイン・マルク・フォン・バーデン

型番 赤ワイン ドイツ バーデン
販売価格 3,080円(税280円)
在庫数 売切れ中!(再入荷予定はメールでお問い合わせください)

SOLD OUT
【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★臨時休業日:10/18(金)
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★殿下が経営する貴族ワイナリーの気品あるピノ・ノワール

ピノ・ノワールを栽培して1,000年の歴史を持つ蔵元が造る作品。
銘醸地、バーデンのエレガントでボディの楽しめるスタイル。凝縮感と複雑な果実味、バランスに優れた逸品。


★エリザベス女王・フィリップ殿下を親族に持つドイツの王族
バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下のワイナリー

★900年に渡り愛されるロイヤル・ファミリー

■バーデンの君主として
バーデン大公国の君主として、20世紀初頭までの約900年間に亘りバーデンの地を統治してきたロイヤル・ファミリー。英国王室、スペイン王室、ギリシャ王族、モナコ公国などヨーロッパの王族と姻戚関係にあり、君主としての役割を終えた現在でも人々に尊敬の念とともに、大変愛されているファミリー。

■銘醸地、黄金の村ドゥルバッハ

■気さくな人柄で愛される現代のプリンス
オーナー バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下
バーデンの発展を常に心に留め、公務を務める若きプリンス。

■自然な農法を第一に心がける

■息を飲むほど美しい畑子。誰もが憧れるテロワール
すり鉢状になった区画
「黄金の村」と謳われ醸造家であれば誰もが一度はこの地でワイン造りをしてみたい、と思うほど憧れる見事なテロワール、「ドゥルバッハ」。

■ブドウの房を半分に切ってしまう!?

■手を加え過ぎず、テロワールを表現する



●赤ワイン ドイツ バーデン オルテナウ ドゥルバッハ
2012 Ortenau Schloss Staufenberg Spatburgunder trocken VDP Ortswein Markgraf von Baden
【2012オルテナウ・シュロス・スタウフェンベルク・シュペートブルグンダー・トロッケン VDPオルツヴァイン・マルク・フォン・バーデン】

ブドウ品種:100%ピノ・ノワール(シュペートブルグンダー) 
農法:オーガニック
醸造・熟成 醗酵:一部オーク樽醗酵、マロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成15ヶ月
(フレンチオーク、50% 225L、50% 3000L、新樽比率20%)
平均年間生産量 15,000本
アルコール度:12.78%  容量:750ml


【コメント by デューク根木】
【外観】
エッジが朱色がかってきた明るいルビー。中程度の粘性。

【香】
プラムやラズベリージャムの果実香と赤い花の香。そして木樽由来の香木や燻した香。加えて五香粉のミックススパイスの香となめし皮や熟成由来の腐葉土のブーケ。やや複雑な香の構成。

【味わい】
アタックは滑らかでソフト。丸みのあるタンニンと溶け込んだ酸味、そして豊かな果実味。ミディアムボディ(辛口)やや凝縮感があり果実味と木樽の風味の融合が楽しめる作品。

【総評】
南のバーデン地区の安定したピノ・ノワールの風味が堪能できる作品。

◆飲頃:今〜2021年
◆サービス温度:14℃
◆グラスタイプ:ブルゴーニュグラス

【合わせる料理】
焼きねぎと鴨肉の鍋仕立て、赤ワイン風味。
若鶏の赤ワイン煮込み
ペッパーステーキ。赤ワインソース。




★殿下が経営する貴族ワイナリーの気品あるピノ・ノワール

ピノ・ノワールを栽培して1,000年の歴史を持つ蔵元が造る一級畑のワイン。きれいな果実味と芳醇なアロマ、しっかりとしたコクとフィネスが感じられます。

★エリザベス女王・フィリップ殿下を親族に持つドイツの王族
バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下のワイナリー

★900年に渡り愛されるロイヤル・ファミリー

■バーデンの君主として
バーデン大公国の君主として、20世紀初頭までの約900年間に亘りバーデンの地を統治してきたロイヤル・ファミリー。英国王室、スペイン王室、ギリシャ王族、モナコ公国などヨーロッパの王族と姻戚関係にあり、君主としての役割を終えた現在でも人々に尊敬の念とともに、大変愛されているファミリー。
現在は所有する城の一部を大学として開放する一方、3つの城でそれぞれのテロワールを活かしたワイン造りを行っています。


■銘醸地、黄金の村ドゥルバッハ
ワイナリーの一つ、シュロス・シュタイフェンベルクでは、最も古い記録によると、882年にピノ・ノワールが栽培されていたという記載があり、1000年以上にも亘りピノ・ノワールの銘醸地として知られています。この地はまた優れたリースリングを育むテロワールとしても憧れの的となっています。城の一部はまた、レストランやワインバーとしても開放され、市民の憩いの場にもなっています。


■気さくな人柄で愛される現代のプリンス
オーナー バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下
バーデンの発展を常に心に留め、公務を務める若きプリンス。

「自分が出ることでバーデンのこと、また素晴らしいこの地のワインが少しでも知ってもらえるなら」と、自らマーケティングの場にも積極的に参加されます。ローマ時代から王侯貴族が集う豪華な温泉リゾートとして知られるバーデンはまた、競馬も盛ん。日本とも深い交流があり、記念杯の贈呈などで来日されることもしばしばです。



醸造家 アヒム・キルヒナー氏
「ワインは仕事以上のものを与えてくれる」
最適な区画でクオリティを求めるのが醸造家のアートと考えるキルヒナー氏。
祖父も醸造家であり、若い頃は醸造とソムリエのディプロマを修めました。ここシュロス・シュタウフェンベルクはリースリングとシュペートブルグンダーのみ栽培。「自分にとってワインは仕事以上のもの。ワイナリーの全ての仕事、ワインを造ること、そして長く受け継がれたワインという文化に触れることが最高の喜び」、と語ります。


■自然な農法を第一に心がける

■息を飲むほど美しい畑子。誰もが憧れるテロワール
すり鉢状になった区画
「黄金の村」と謳われ醸造家であれば誰もが一度はこの地でワイン造りをしてみたい、と思うほど憧れる見事なテロワール、「ドゥルバッハ」。
斜面に広がるのは最高の場所で、最適の区画を見極めて栽培されるリースリングとピノ・ノワールの2品種。
ワイナリーでは、伝統的な栽培、つまり自然を尊重する栽培を心がけており認証は取得していませんがビオロジックで栽培を行っています。


■ブドウの房を半分に切ってしまう!?
マルク・グラフ・フォン・バーデンでは、ブドウの成熟を最高の状態にして凝縮感を高めるために全てのブドウの房を早い段階で半分に切ってしまう、という驚くべき作業を行っています。収量は下がりますが、品質のためにはこうした大胆な作業も厭(いと)いません。


■手を加え過ぎず、テロワールを表現する
「あくまでワイン造りに徹しますが、ワインメーカーという言葉は私たちにはしっくりときません。ワインは作るものではないからです。ドイツは大量に物を作る事が多く、考え方が工業的な生産者も多いです。ボトリング工場がドイツに多いのもその理由の1つです。マルクグラフ・フォン・バーデンはあくまで一造り手であり、小さい規模で、手摘みで丁寧に収穫、畑・ブドウありきの考え方は、手を加え過ぎず、バーデンのブドウをそのまま表現する事を哲学としています。」


■絶景をそのまま表現
品の良さと風格あるラベル
バーデン家の紋章をあしらったラベルには、それだけで長い歴史が感じられます。金箔の中にワイナリーの景色そのものを修めたソーヴィニヨン・ブランのラベル(写真)は、中でも美しい輝きを放っています。900年以上も存在し続けるこじんまりとした山城、その下に広がる畑、はるか遠くにはアルザスを見据える、ワイナリーのテロワールが感じられる美しいラベルです。



■山城の強み!数時間後の天気を読む
丘の上にある為、周りの天気が良く見える。
アヒム氏は、城から数キロ離れた地点を指差し、
「あの場所で雨が降っている時は、この城から確認できる。その場合ここでは2時間後に雨が降るんだよ」との事。昔からワイン造りをしているので、土地の気候のデータがある強みがあります。そして、畑には40年以上の熟練の栽培家がいるそうです。いま70歳くらいですが、彼は空と風から天気を読み、畑の管理に適切な指示を出す達人だそうです。


■城の頂きから遥か西を望む。城からはあらゆる変化が見える
畑には常に風が吹いている

■風のおかげで菌が付き難い
シュロス・シュタウフェンベルク城を頂に広がる畑には、常に風が吹いているため、菌が付き難い環境にあります。
ワイナリーの代表品種であるピノ・ノワールにもボトリティス菌が付いてしまう事がありますが、ブドウにとっては貴腐ワインにならない限り、通常は毒でしかありません。そのため、畑の上部から吹き下ろしてくる風は菌を付けない為にも非常に重要です。品種に最適な区画を選ぶワイナリーでは、ピノ・ノワールは常に頂の最上部に栽培されています。


■氷の湖?狭い区画はミクロクリマの宝庫!

■複雑なミクロクリマ
頂上から見てみると、畑の斜面が複雑に入り組んでいるのがわかります。
頂上付近の気温が5℃の時、底近くでは10℃から15℃と気温差が激しい。底部にあるこの付近はあまりの冷たさから「ICE LAKE(氷の湖)」と呼ばれています。

ワイナリーではこのような複雑なミクロクリマを操り

◆斜面の方角でも日照量が変化する、また斜面と斜面がぶつかっている底の部分は特に風の吹き降ろしが強いなど場所によって環境が異なる為、区画毎に植える品種を選別する
◆すり鉢状になった畑の底部分には小川が流れている所があり、貴腐菌にも微妙な影響を与えるため、年によってはアイスヴァインを造るといった工夫をしています。


■収穫後、すぐに圧搾!
■畑の恵まれたロケーション
黄金の村を一望する丘の上の城!黄金の村ドゥルバッハを一望する事ができる高い丘に、シュロス・シュタウフェンベルクはあります。
城(兼、醸造所)を頂にして目の前に広がる畑。丹念に手入れをしたブドウを最高の状態で醸造できるのは、畑が醸造所から至近距離という強みによるのです!



★ドイツ一流ワイン生産者の証 V.D.P. ファウ・デー・ペー
ドイツ高級ワイン葡萄園連盟加盟生産者(200社〜)
Verband Deutscher Pradikats und Qualitatsweinguter

ドイツワインの偉大なテロワールを発揮することを目的に結成された連盟。
ブルゴーニュ式の4段階の階層分類を適用している。
第1階級 Grosse Lage グラン・クリュ
第2階級 Erste Lage プルミエ・クリュ(フランス的には)
第3階級 Ortswein  村名ワイン
第4階級 Gutswein 醸造所名入りワイン






【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品





































































































2016フィサン ドメーヌ・コワイヨ

5,830円(税530円)
SOLD OUT

















2010 エピキュア ボルドー

2,420円(税220円)
SOLD OUT



最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

売れ筋商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル