ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2012バルベーラ・ダルバ・スペリオーレ ファレット・ディ・セッラルンガ ファレット・ディ・ブルーノ・ジャコザ

型番 赤ワイン イタリア ピエモンテ バルベーラ・ダルバ
販売価格 7,150円(税650円)
購入数

【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★臨時休業日:10/18(金)
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★凄く美味しい!極上バルベーラ。
これほどのレベルがあるのですね!

★愛好家絶賛の逸品!

★カスティリオーネ・ファレットに所在するブルーノ・ジャコザ所有の銘醸ワイン醸造所で生まれる極上品。
  Falletto di Bruno Giacosa

★ワインスペクテーター92点
★ワインアドヴォケイト(パーカー)92+点

★ピエモンテの静かなる巨匠ブルーノ・ジャコーザ
確固たるスタイルを持ったワインは世代を超えて、世界中からイタリアを代表する偉大なワイナリーとして認知されています。

●「今日は素晴らしく、明日は驚くほどにうっとりするワイン」
※明日というのは熟成の時を経てという意味です。

■各方面から高い評価を得ています■
2008年度AIS主催の国際コンクール「最優秀生産者部門」でトップ
2010年度ガンベロロッソの「最優秀ワイナリー」

<ワイン・スペクテイター(90点以上を50回、うち100点を1回獲得)>

<ガンベロロッソ>
ブルーノ・ジャコーザは伝説的人物である
(過去3グラスを13回獲得、ヴィニ・ディタリアより)

<ワイン・アドヴォケイト(90点以上を97回、うち98点を6回、99点を2回獲得)>


★バルベーラ種ブドウについて
ピエモンテ赤ワインの50%はバルベーラ種で醸造されております。
いわば、ピエモンテの人々のデイリーワインといえる存在で地元で非常に愛されいるブドウ品種です。
その特徴は、直截な果実味を持つ、酸の生き生きした、チャーミングな赤ワインなのですが、もともとはオステリアで飲まれる非常に酸っぱい安酒だったバルベーラ種のワインですが、1980年代初頭にマロラクティック発酵が適切に行われるようになり、古樽熟成の試みも成功して、国際的知名度が一気に高まりました。

●赤ワイン イタリア ピエモンテ アルバ 
2012 Barbera D'Alba Superiore Falletto di Serralunga D'Alba Falletto di Bruno Giacosa
【2012バルベーラ・ダルバ・スペリオーレ ファレット・ディ・セッラルンガ ファレット・ディ・ブルーノ・ジャコザ】

ブドウ品種:100%バルベーラ
醗酵:ステンレスタンク 8〜10日間マセラシオン
熟成:オーク樽熟成 16〜17ヶ月(110HL大樽)
年間平均生産量:550箱
アルコール度:14.77%  容量:750ml


【コメント by デューク根木】
【外観】
エッジが紫が残る濃いガーネット。強めの粘性。

【香】
赤果実の香が中心でチェリージャムやチェリーリキュールの香とヨードのニュアンス。そして赤い花の華やかな香が広がり木樽由来の香木やタバコの香も加わる。濃縮感ある熟度の高さをうかがわせる香の構成。

【味わい】
アタックは円やかで果実味が凝縮しており、綿密な熟れた果実の風味が充満している。フルボディ(辛口)。高めのアルコールとミネラルに残糖がほのかに感じられ、アフターテイストにも爆発的に広がり続け長い余韻を演出している。

【総評】
非常に秀逸なバルベーラの極上キュヴェ。優良年の完璧な仕上がり。

◆飲頃:今〜2025年
◆サービス温度:17℃
◆グラスタイプ:大きなボルドーグラス

【合わせる料理】
ボイルした仔牛肉の薄切りにマヨネーズと胡椒風味のツナソース(ヴィッテロ・トンナート)
牛挽肉とホウレン草・パルミジャーノ・生ハムのラビオリ、バター・セージ風味(アニョロッティ・ダル・プリン)




【生産者説明】
Bruno Giacosaブルーノ・ジャコザ

★「バローロのロマネ・コンティ」と評される、バローロの最高峰生産者。

★ピエモンテの静かなる巨匠ブルーノ・ジャコーザ

ピエモンテ・ランゲ地区で3世代にわたりワインに携わってきたブルーノ・ジャコーザ。
現オーナーであるブルーノ・ジャコーザ氏の祖父にあたる、故カルロ・ジャコーザ氏が醸造と自社瓶詰めを開始。その後、父親の代では第二次世界大戦中であったため、経済的にボトルワインの市場がなく主に量り売りをしていました。三代目となるブルーノ氏は1929年生まれで、13歳から祖父のカルロ氏の指導の下でワイン造りに携わり始めました。その後、自分の名前を冠したブランド「ブルーノ・ジャコーザ」を1961年にファースト・ヴィンテージとしてリリースしました。

今では半世紀以上に渡りワイン造りへその人生を捧げ、ランゲ地区の畑については誰よりも知り尽くしていると言っても過言ではありません。
畑と醸造におけるピエモンテの伝統に敬意を払い、単純にして明瞭な哲学の下に造られるワインは一貫したスタイルを持っています。

確固たるスタイルを持ったワインは世代を超えて、時に「バローロのロマネ・コンティ」と称賛され、世界中からイタリアを代表する偉大なワイナリーとして認知されています。


●「今日は素晴らしく、明日は驚くほどにうっとりするワイン」

「今日は素晴らしく、明日は驚くほどにうっとりするワイン」
※明日というのは熟成の時を経てという意味です。

昔から変わらない伝統のスタイルを貫いており、特にバルバレスコの造り手としては最高峰となります。
ブルーノ・ジャコーザ氏のワインは繊細でいながら、深くフィネスのあるワインです。さらに熟成を経ることにより厚みが増し、壮大なるスケールをみせるイタリア屈指の品質を誇るワイン言えます。
近年、もてはやされたピエモンテ州のモダンなスタイルのワインは、凝縮度や色素濃度が高く、ややもするとテロワールやブドウの個性がマスキングされたものも散見されます。このような時代の流行り廃りにも左右されることなく常に高い評価を受け続けているのは、ワインの中に何か訴えかけるもの「フィネス(Fines)」が存在しているからと言えます。

半世紀以上にも渡る長い年月の中で、常に一目置かれる偉大な存在であり続けるブルーノ・ジャコーザ。真に巨匠と呼ぶに相応しい偉人が生み出す、唯一無二の特別な味わいをご堪能ください。



★バルバレスコの特級と呼ばれるブルーノ・ジャコーザのクリュワイン

■ バルバレスコのクリュ
バルバレスコの有名クリュ畑を複数所有している歴史あるワイナリーです。筆頭格となる畑をご紹介します。


●アジリBarbaresco Asili(自社畑)・・・精緻にして濃厚な味わいに圧倒される当代最高のバルバレスコ

●サント・ステファノBarbaresco Santo Stefano di Neive(契約畑)・・・ジャコーザの看板ともいうべきバルバレスコ

「バローロのロマネ・コンティ」をはじめ、最高の賛辞を受けるワイナリー

イタリアの偉大なワイン生産者といえるブルーノ・ジャコーザ。時に「バローロのロマネ・コンティ」、「伝説的な人物」など、イタリア国内だけではなく、世界中から最高の賛辞をもって称されています。

また、近年、ブルーノ・ジャコーザが、「コッリーナ・リオンダ(Collina Rionda)」というバローロの赤ラベルの1989年ヴィンテージで、ワイン・アドヴォケイトにて100点を獲得しました。イタリアワインでは、レディガフィ、サッシカイアに並ぶ、僅か3本目の快挙です。


■各方面から高い評価を得ています■
2008年度AIS主催の国際コンクール「最優秀生産者部門」でトップ
2010年度ガンベロロッソの「最優秀ワイナリー」

<ワイン・スペクテイター(90点以上を50回、うち100点を1回獲得)>
これはバローロのロマネ・コンティである
 (100点を獲得した、バローロ レ・ロッケ・デル・ファレット リゼルヴァ 2000のコメントより)

<ガンベロロッソ>
ブルーノ・ジャコーザは伝説的人物である
 (過去3グラスを13回獲得、ヴィニ・ディタリアより)

<ワイン・アドヴォケイト(90点以上を97回、うち98点を6回、99点を2回獲得)>
これはブルーノ・ジャコーザによる途方も無い努力のものである。名誉なことに、私が幾度かこのワインのテイスティングする経験を得たが、まさに息をのむような経験であった。
(99点を獲得した、バローロ レ・ロッケ・デル・ファレット リゼルヴァ 2004のコメントより)




●ピエモンテ・ランゲ地区の歴史 
・ランゲの地区は、ローマの時代から食用のブドウを栽培していた。

・1800年代までは甘口のバローロを生産。これが1800年代に入り、辛口へと変化。

・1880年くらいに、アルバに醸造学校が誕生。

・1950年代に組合が誕生。この組合が他の地域と異なり、「良いブドウだけを買い上げることができる」という流れができる。
 結果、買いブドウでも自社ブドウでも品質に上下はなく、非常に良いワインができるようになった。

・ピエモンテは寒い地域のため、良いブドウができにくい。自然と、「どこでよいブドウが収穫できるのか?」を学習せざるを得なかった。

・戦争中は量り売りのワインしか売れなかった。

・1960年代から、ジャコーザが瓶詰めを開始。








【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品




































































































2016フィサン ドメーヌ・コワイヨ

5,830円(税530円)
SOLD OUT

















2010 エピキュア ボルドー

2,420円(税220円)
SOLD OUT



最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

売れ筋商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル