ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2009ラ・パイユ・ペルデュ・ヴァン・リクルー ドメーヌ・ジュリアン・ラベ

型番 白ワイン フランス ジュラ
販売価格 12,960円(税960円)
在庫数 ※在庫少量です!
購入数

【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★臨時休業日:7/19(金)
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★非常に貴重なジュラ地方の銘酒甘口ワイン。
ヴァン・ド・パイユと同じ作りなのですがアルコール度が規定に満たないためにヴァン・リクルーで出荷!

★父から譲り受けた真っ直ぐな自然派ワイン

★それぞれの畑の区画の個性を最大限に表現

★品種×ジュラのテロワールが織り成す美しい旋律

★アルコール度14%以上からヴァン・ド・パイユの呼称になりますが、9.7%しかないので「ペルデュ(失われた)」と名付けられました。

ウィスキーのような琥珀色、とろりとした液面から糖度を感じます。マロングラッセや蜂蜜の香り、上品な甘さとほのかな酸から気品の高さが覗えます。

これからどんどん精力的に美味しいワインを造ってくれる事間違いなし、久し振りに素晴らしい生産者と出会えました。
百聞は一見にしかず、まずは飲んで下さい。
ワインをこよなく愛するジュリアンの心が澄んでいるから、出来上がるワインなのかもしれません。


●白ワイン(極甘口) フランス ジュラ
2009 La Paille Perdue Vin Liquoreux Domaine Julien Labet
【2009ラ・パイユ・ペルデュ・ヴァン・リクルー ドメーヌ・ジュリアン・ラベ】

ブドウ品種:57%シャルドネ 38%サヴァニャン 5%プールサール
■農法:ビオディナミ
■土壌:青色粘土質
■陰干期間:4か月
■醗酵:木樽発酵
■熟成:48ヶ月熟成
■生産量:極少量
■アルコール度:9.7%  容量:375ml


【コメント by デューク根木】
【外観】
艶やかな濃いアンバー(琥珀色)。強い粘性

【香】
ドライフィグやマロングラッセ、蜂蜜の甘い香。木樽由来の香木や黒糖のような香りが広がり複雑で深みのある妖艶な香の集合体。

【味わい】
アタックはソフトで濃密な印象。ミディアムフルボディ(甘口)上品な甘みと溶け込んだ酸味が基調となり美しい味わいのメロディーを奏でて心地よいフレーヴァーが広がり続け長い余韻へと続く。

【総評】
素晴らしい極上甘口ワイン。パスリヤージュらしい一級品。

◆飲頃:今〜2050年
◆サービス温度:8℃
◆グラスタイプ:小さなワイングラス

【合わせる料理】
オレンジタルト
ピーチのメルバ
イチゴのコンポート
イチゴタルト
ブルーチーズ



★ジュラ地方の美しい旋律
 ナチュラルワインの先駆者、ピエール・オヴェルノワで名高いジュラ地方には、今続々と新しいナチュラルワインの生産者が登場しております。
ジュラはスイス寄りのサヴァニャンやプールサールといったマイナーな品種の生産地としてのイメージが強いのですが、私にはブルゴーニュの隣というイメージの方が強いのです。
ボーヌからシャブリに行く感覚の距離、ボーヌからボージョレに行くより近いかもしれません。気候・土壌も共通点が沢山あり、私にとってはコート・ドールの次にシャルドネやピノノワールを醸造するなら!との思いが強いテロワールが存在する土地なのです。


【生産者:Domaine Julien Labet】
自然派で著名なアラン・ラべの息子、ジュリアンが個人的に始めた別のドメーヌ『ドメーヌ・ジュリアン・ラベ』。
19世紀からRotalier(ロタリエ)という村(ジュラ地方のやや南部)でワイン造りを行っている、地元では有名なラベ家の3代目がお父様のアラン・ラべ氏。その息子さんで4代目がジュリアンです。どこの生産者も同じですが、ワイン造りだけで生計を立てられるようになったのは最近の話。色んな農業を兼業しながらその中にブドウ栽培も入っていた古い時代から、いち早くラベ家ではワイン造りをしておりました。

●時代の寵児、我が道を進む。
アラン氏の時代にドメーヌを設立(1974年)。彼は大御所オヴェルノワ氏よりも前からナチュラルワインを造っていました。
ヴァン・ド・パイユやヴァン・ジョーヌが主流のジュラではスティルワインは軽視されがちですが、アラン氏はジュラの地質のポテンシャルを経験から知っていたので、スティルワインを造れば変わり者と言われた時代にあえて酸化させないスティルワインに拘りを持っておりました。周りが農薬や除草剤を使っていても、彼は当時からそれらを一切使用しない、一貫したワイン哲学の持ち主。

●父の意思を引き継ぎ
息子ジュリアンもお父様のコンセプトを引き継ぎ、子供の頃から帝王学のようにきっちりと基本的にお父様からワイン造りの全てを学びました。そしてボーヌの醸造学部で勉強した後、マコンの醸造学部を出て、ブルゴーニュのラモネでワイン造りをしました。その後何とアフリカでもワイン造りを勉強しました。1997年に実家に戻り、Domaine Labetを手伝います。
お父様と同じChaiで働いていると、やはり100%自分の意見が通らないので、2003年から自分のドメーヌ、『Domaine Julien Labet』を立ち上げました。

ジュリアンはお父様のワイナリー、すなわちDomaine Labetと経営を分けた『Domaine Julien Labet』を立ち上げたのです。Domaine Julien Labetは100%無農薬なのですが、2012年から少しずつビオディナミに切り替えております。そして2013年1月1日からお父様が完全引退なされ、Domaine Labetでも責任者となり、2つのワイナリーをジュリアンが責任者としてきり盛りしております。フランスは権利関係が複雑です。妹さん弟さんも勿論ワイナリーのお手伝いをしますが、それはお父様の会社を引き継いだジュリアンのスタッフとしてなので、ジュリアンの個人のDomaineは基本的に彼が1人で切り盛りしております。

 ブルゴーニュで修業をしたジュリアンは畑の個性、すなわちテロワールを尊重します。ジュラ地方でスティルワインが造られるようになっても、まだまだ品種名を記載するのが精一杯の風潮下、ジュリアンは限りなく畑の区画に拘ります。だから収穫・醸造が大変です。どのキュヴェも1000本ちょっとという単位になるので、生産量も限られるし、管理も大変です。基本的にSO2を使用しません(必要と判断した場合を除く)。醸造方法は至ってシンプル、手で収穫後、天然酵母で発酵、プレスはストレスを避けるため非常にゆっくりと丁寧に圧搾、新樽は基本的に使用しません。




【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品












































































































2012モリーゼ・ロッソ カタッボ

2,160円(税160円)
SOLD OUT







2010 エピキュア ボルドー

2,376円(税176円)
SOLD OUT


最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

売れ筋商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル