ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2017マルサネ・ルージュ・レ・ロンジュロワ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・クリストフ・ブーヴィエ

型番 赤ワイン ブルゴーニュ マルサネ
販売価格 5,940円(税440円)
在庫数 ※在庫少量です!
購入数

【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★お盆休業日:8/14(水)〜8/16(金)まで
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★優良年のマルサネ特別区画の逸品。
凝縮した上品な果実味と豊かな構成要素。バランスの取れた素晴らしい作品。

★ミネラルに富み、上品なスタイルのワイン

★ブルゴーニュ愛好家には最適な一本。

★樹齢70年の古樹より生まれた超高品質ピノ・ノワール。

★マルサネのブヴィエ家より、新世代による3番目の「ドメーヌ・ブヴィエ」が誕生!

★化学肥料、除草剤、殺虫剤は一切使用しません


●赤ワイン ブルゴーニュ マルサネ
2017 Marsannay Rouge Les Longeroies Vieilles Vignes Domaine Christophe Bouvier
【2017マルサネ・ルージュ・レ・ロンジュロワ・ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・クリストフ・ブーヴィエ】

ブドウ品種:100%ピノ・ノワール
■農法:厳格なリュット・レゾネ栽培
■土壌:石灰質土壌
■畑面積:0.26ha
■平均樹齢:樹齢65〜70年古樹
■醗酵:樽発酵
■熟成:12ヶ月間熟成(新樽率25%)
アルコール度 13%  
容量 750ml

【コメント by デューク根木】
【外観】
紫がかったやや濃いルビー。輝きある美しい色調。中程度の粘性。

【香】
チェリーの砂糖漬けやブラックベリーの果実香にバラやラベンダーの花の香。木樽由来の香木の芳ばしい香。加えてミックスパイスのニュアンス。凝縮感ある香の構成。

【味わい】
アタックは滑らかでソフト。質感の良い丸いタンニンと溶け込んだ酸味に凝縮感ある果実の風味が調和。ミディアムフルボディ(辛口)。はっきりした輪郭を備え凝縮した果実感が好印象。アフターテイストも心地よく長い余韻。

【総評】
凝縮した上品な果実味と豊かな構成要素。バランスの取れた素晴らしい作品。

◆飲み頃・今〜2030年
◆サービス温度・16℃
◆グラスタイプ:大きなブルゴーニュグラス。

【合わせる料理】
牛肉の赤ワイン煮込み
鴨肉のロースト、赤ワインソース。
地鶏の炭火焼き


【生産者:Domaine Christophe Bouvier】

所在村 Marsannay
醸造家 Christophe Bouvier
所有畑面積 4.7ha
ドメーヌ継承年 2010年
実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料、除草剤、殺虫剤は一切使用しない
原則として除梗しない。
天然酵母のみで発酵

★マルサネのブヴィエ家より、新世代による3番目の「ドメーヌ・ブヴィエ」が誕生!

2012年1月に他界されたルネ・ブヴィエ翁の2人の息子のうち、次男のベルナールは「ドメーヌ・ルネ・ブヴィエ」を継承して現在も当主。長男のレジスは「ドメーヌ・レジス・ブヴィエ」の当主で、1977年に生まれの息子クリストフ。

クリストフは1998年からお父さんの下で働いていたが、彼が切願した実質ビオロジー栽培への転換の許可が得られず、また、年齢的にお父さんの引退もまだまだ先であることから、2010年、それまでに継承していた一部の畑をもとに独立を決意。
カーヴは叔父のベルナールより借用、ここに「ドメーヌ・クリストフ・ブヴィエ」が誕生。

【クリストフ・ブヴィエ氏コメント】
化学肥料、除草剤、殺虫剤は一切使用しませんので、毎年毎年、根が深く伸びていきます。最深部まで根が張り巡らされた時、どんな悪天候にも負けない、真のビオロジー栽培環境を確立できると信じています。そして原則として、除梗をしません。茎まで完熟した房以外は使用しませんし、除梗も含めて、極力ぶどうに負荷をかけない醸造を心がけています。もともと薫り高く、表情豊かな僕のブドウたちが、そのまま美味しいワインになってくれるのを見守るだけです。

★大きな体格が表すように、気は優しくて力持ち。
ラグビーを通じて、多くの生産者たちと交流があります。


★マルサネの底力を引き上げる誠意と努力!

マルサネにはBouvierという名の家系が多いが、最も新しい動きは、2010年にドメーヌを立ち上げたChristophe Bouvierである。
クリストフはドメーヌ・レジス・ブーヴィエの長男として生まれたが、栽培方法の考えが父と合わないことから、独立を決意。
わずか3.1haの畑からスタートしたドメーヌは、現在5.35haまで拡大した。クリストフの目が行き届く畑では、実質的なビオディナミが遺憾なく発揮されている。

★修正の必要がない葡萄。
父も祖父もワイン造りに携わっていたクリストフにとって、ヴィニュロンとして生きることにためらいはなかった。しかし、ブルゴーニュで学べることには限界がある。2004年には最先端の醸造技術を学ぶために、ワシントン州へ6ヵ月渡米。その後もあらゆる栽培と醸造の経験を積むために、イタリア、オーストラリア、南アフリカで働いた。

 当時を振り返り、クリストフは言う。
「2004年当時アメリカで学んだことは、一寸の狂いもない正確な醸造方法だった。培養酵母で発酵と味わいをコントロールし、アルコール濃度が低ければ補糖を行い、酸が低ければ補酸をする。細かな修正を重ねて、望みどおりの理想的なワインを生産する。最終的には父とは栽培方法の考え方が合わなかったが、先代から学んでいたことは、職人ならではの感覚もワイン造りでは大切ということ。感覚を生かすためには、一切の修正の必要がない葡萄を得ることが原点であると感じた」と。

 クリストフは最良のブドウを得るためには、ビオロジック(有機農法)が必要だと思ったが、父は慣行的な栽培を好んだ。そこで父とは袂を分かち、ビオロジックを実践できる自らのドメーヌを設立。化学肥料、除草剤、殺虫剤、防カビ剤を一切使用しない畑では、葡萄樹の根が地中深くまで伸びることを実感し、どんな悪天候にも対応できる真のビオロジックが実践できていると確信する。

 ビオロジックの環境が整った時点からは、畑の振る舞いを観察する余裕も生まれた。例えば除葉は、毎年決まったようにするのではなく、2015年のように熱く乾燥した年には行わない。「葡萄の房周りは湿度が低かったし、葡萄房の日焼けを避けなければならなかった。」という。

 また「実質的ビオディナミ」というには理由がある。近年なら、2014年や2015年は100%ビオディナミを実行できたが、2016年のような困難な天候推移においては「ボルドー液の散布量を減らして、トラクターの入る数を制限する」、「収穫量を確保する」という理由から、ビオディナミで許可されていない薬剤を使った方が環境を尊重できる手法を取れたという。

 実際に畑を見ると、その剪定の見事さや、規則正しい目の残し方に感嘆する。葡萄がなる主枝のコントロール(長さや隣の木との間隔)は見事で、まるで教科書のようなグイヨ・サンプルである。「収量のコントロールは、冬期剪定から始まる」という言葉も、この畑を見ると説得力がある。クリストフは徹底的に、「畑がワインを造る」という信念の持ち主なのだ。


★マルサネの結束力
今日、プルミエ・クリュ昇格を目指すマルサネ地区は、生産者間の結束力がとても強いことも、マルサネの品質を底上げする要素になっているという。クリストフが交流する生産者は多い。

「マルサネやフィサンは、著名アペラシオンと比べると、畑の地価が正当にとどまっていると思われるが、15年前と比べると倍増した。近年は近隣のジュヴレイ・シャンベルタンやヴォーヌ・ロマネで成功した生産者による購入が多いので、新規参入は難しい。それでも実力ある生産者がマルサネやフィサンを手掛けようと思うのは、この地のワインのレベルを引き上げる良い要素だ」と歓迎している。実際に、この10年間で幾つかの生産者は、これらのアペラシオンの畑を購入したり、フェルマージュ(借地契約)で新たに手掛け始めている。


クリストフのワインはいかなるものか!
同じマルサネでも、クロ・デュ・ロワとロンジュロワの個性の違いは明確。

クロ・デュ・ロワ
赤や黒のベリー、オレンジといった感がある。タンニンは繊細で、少しスパイシーさを残す余韻は長い。

ロンジュロワ
より熟した赤と黒のベリーの香がとても複雑で、細かなタンニンの中に、完熟手前の新鮮な堅い果実をカリッとかじるような質感がある。綺麗な酸味に導かれた余韻が長い。

「プルミエ・クリュ昇格は長期戦になると思うが、ニュイ・サン・ジョルジュやポマールのようにグランクリュ昇格を目指すよりは、時間はかからないと思う。今日のマルサネに求められているのは規則正しさ。一つずつのリュー・ディ(区画)を正確に表現すること。複雑な気候変化に対しても、表現されるテロワールと生産者の個性がブレないこと。そして、価格も適正であり続けるべきだ」と言い、ワイン造りが楽しくて仕方ないとでもいうような満面の笑みを浮かべた。
(※ヴィノテーク2017年6月号記事 引用)

★ワイン保存の必需品!

★良心的価格のワインセラー(アフターサービスも充実)

★お手頃ワイングラス



【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品


















































































































2010 エピキュア ボルドー

2,376円(税176円)
SOLD OUT


最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

売れ筋商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル