ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2018アルザス・リースリング キュヴェ・ドレイ・エクサ ポール・ジャングランジェ

型番 白ワイン フランス アルザス
販売価格 3,080円(税280円)
在庫数 ※在庫少量です!
購入数

【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★臨時休業日:12/13(金)
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★上質リースリング
綺麗な印象はそのままに洗練されたワンランク上のリースリング

★グラン・クリュの隣の畑から造られる、しっかりした酸とミネラルに支えられた、控えめでエレガントなリースリング。

●リースリング「ドレイ・エクサ」シンボルは3つのお城
「ドレイ」とは(ドイツ語で)「3」の意、「エクサ」とはアルザス語でエギスハイムの略語。
「ドレイ・エクサ」とはワイナリーのあるエギスハイムを見下ろす丘の上に立つ、3つの城を指す。
これらの城は11世紀に当時の貴族、コント・デギスハイムによって建てられた。

★わたしが訪問した生産者。
細長いアルザス地方で 北のストラスブールより70kmほど下った南部にある、アルザス地方の第二の都市コルマール。その西側に位置するお洒落なEGUISHEIMエギュスハイムの街に所在するのが「ポールジャングランジェ」 
ここのワインは清潔感ある味わいで大変ミネラリティーに溢れ、綺麗な印象が残ります。

★熟成のポテンシャルも持っている優れた白ワイン
ドメーヌの地下セラーには古酒がゴロゴロあります。
譲って欲しいほど魅力的なアルザスの古酒ばかり。


●白ワイン フランス アルザス
2018 Alsace Riesling Cuvee Drei Exa  Paul Ginglinger
【2018 アルザス・リースリング キュヴェ・ドレイ・エクサ ポール・ジャングランジェ】

ブドウ品種:100%リースリング 
農法:リユット・レゾネ(理論的有機農法)
醗酵:40%ステンレス・タンク、60%オーク樽   
熟成:40%ステンレス・タンク、60%オーク樽熟成6-8ヶ月
年間生産量:7000本
アルコール度:13%  
容量:750ml

【コメント by デューク根木】
【外観】
グリーンがかった淡いイエロー。かすかに微発泡が見られる。中程度の粘性。

【香】
グレープフルーツ、青りんごのコンポート。白い花やキャンディの醸造醗酵由来の香が若々しさを感じさせる。加えてカルダモンやセルフィーユのハーヴ香。河原の石のようなミネラル香。木樽熟成の影響なのか、かすかにペトロール香も感じさせる。

【味わい】
アタックはソフトで程よく粘性があり、豊かな酸味を有しているミディアムライトボディ(辛口)。ミネラル豊満で塩味を感じさせ、芳醇な果実味を持ち繊細で上品なバランスをもっており、引き締まった印象。アフターテイストが心地よい。余韻8秒。

【総評】
綺麗な印象はそのままに洗練されたワンランク上のリースリング。

◆飲頃:今〜2028年
◆サービス温度:10℃
◆グラスタイプ:細身のリースリンググラス。

【合わせる料理】
ハム入りのキッシュ 
シュークルート
グリーンアスパラのソースムスリーヌ
ヒラメのムニエル



「フランスの最も美しい村」に息づくワイナリー

■「フランスの最も美しい村」で400年の歴史を誇る造り手
ドメーヌ・ポール・ジャングランジェは、エギスハイムの地に1636年に設立された由緒ある造り手です。ドメーヌのあるエギスハイム村は「フランスの最も美しい村」の一つにも数えられるアルザス地方でも有数の美観地区で、美食の街としても知られています。

●世界各地で経験豊富な醸造家!
オーナー兼醸造家 ミッシェル・ジェングランジェ氏
バカロレアS(大学入学資格)取得後、ランス大学の醸造科に進学、在籍中には「ランソン社」にてインターンシップを行い、アルザスにて限りなくシャンパーニュに近いスタイルのスパークリングワインを造るため、技術を習得し、大学ではエノロゴの資格も取得します。醸造学を修めた後は、ディジョン大でコマーシャル学のマスターを取得、在籍中にブルゴーニュのプレステージワインで有名な、「アルマン・ルソー」にて、ニュイのように品のあるピノ・ノワールの醸造を学ぶため、インターンシップを経験。
その後、南アフリカと南アメリカのチリにて、フランスとは違ったタイプのワインの醸造を学び、チリのワイナリーでは醸造責任者にまでのぼりつめました。2000年にアルザスに戻った今でも、醸造をしに行く年もあり、コンサルタントをしています。

●限りなく自然に近い農法
ミッシェル氏自身が非常に敏感な体質であるため、なるべく自然に近い農法を実践しているのが実情ですが、分類するならリュット・レゾネに属します。除草剤の使用は一切せず、初春から土地の耕作を行い、地中の微生物の動きを活発にさせるという目的で行われます。アルザスには自然派の生産者が多く存在しますが、彼らの畑の手入れというのは、農薬や除草剤を使わず、雑草は伸ばしたい放題というのが多く、ミッシェル氏の考えとは、意見が違うことが多いのが実情です。


■アルザス地方
アルザスには、「ライン断層」(東側に位置)と「ヴォージュ断層」(南北に並ぶアルザスの街の西側に位置する)と呼ばれるものがあります。この断層は平行でも垂直でもなく、隣接または重なりあっていることが多く(バンドルと呼ばれる)、ファッハ(ファッハの西に位置)、リボヴィレ(ヴィンツェハイムからティポリットにかけて位置)、サヴァルヌ(バ・ランに位置)という3つのバンドルがあり、ほとんどのグラン・クリュはこの3つのバンドルに集中しています。

■アルザスの地質
「ヴォージュ断層」西側は、地質学上もっとも古いカンブリア紀の地層で、マグマが結晶化してできた花崗岩土壌が多く、「ライン断層」の東側は、陥没した地層の上に広がる新しい土壌、沖積土壌が多い。グラン・クリュ街道の斜面は、さまざまな時代の土壌が、地殻変動によって変化し、石灰岩、泥灰、砂岩、礫岩土壌が多くなります。

■フランスで最も降水量の少ないワイン産地、アルザス
アルザスはフランスのワイン産地において、もっとも降雨量の少ない地区で、年間降水量は600ミリ以下。(ヴォージュ山脈西側の地区の年間降雨量は2280ミリ)。
南部のオー・ランは、ヴォージュ山脈の標高が高く気温はバ・ランより高めのため、ワインの味わいはボリューム感のある酸が控えめの味わいになりますが、北部のバ・ランは気温が低く、ワインの味わいは繊細で酸がのったタイプが多いのが特徴です。

■ワイン造り
可能な限り自然環境を配慮し、バラエティ豊富で高品質なワインを世に送り出すこと。

■醸造について
できるだけ人工的に自然な微生物や酵母からくる動きを邪魔しないようにすること。

■醸造・熟成について
醗酵中の温度管理や熟成中の温度管理等に最新の注意を払うこと。

■圧搾
ブドウをプレスする圧搾機は、バルーン式でゆっくりと時間をかけて行われます。ジャングランジェのような小さなワイナリーでこの設備を持つことは大変な投資になりますが、こうすることで、雑味のない非常にきれいで繊細な果汁を搾り取ることができ、ミッシェル氏の目指す「ストレートでピュア」な魅力のあるワインができるのです。



【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品

































































































2016フィサン ドメーヌ・コワイヨ

5,830円(税530円)
SOLD OUT














最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル