ワインセラー室にワイン7500本保管。 世界のワインショップ

2015キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ ファトリア・ヴィティッチオ

型番 赤ワイン イタリア トスカーナ
販売価格 4,400円(税400円)
在庫数
購入数

【商品在庫について】
当店では商品を潤沢に確保しておりますが、実店舗での販売もあり、ネットショップ表記では商品在庫があっても品切れの場合がございます。
その場合は、メールにてご連絡差し上げます。ご了承くださいませ。
【お知らせ】
★臨時休業日:12/13(金)
■営業時間(店舗):12時〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★毎週(土)〜(火)までワイン試飲会開催!
※詳細はトップページの試飲会コーナー

★ワイン選びのご相談をお受けいたします。
★徹底した品質管理(セラー保管で販売)



★最優良年2015年 

★95点獲得:ワインスペクテーター

★本格派(フルボディ)キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ

★非常に優秀な生産者。リゼルヴァは大変満足感が得られます。。
キアンティ・クラシコ・リゼルヴァは見事な味わい。

★新オーナーが造った最初のリゼルヴァであり、最優良年の逸品。
こだわり抜いた作業が味わいに反映された素晴らしい作品。

★スパイシーで黒果実の凝縮感満点の逸品。

★納得できるだけの味わいで応えてくれる赤ワイン。

フィレンツェからシエナに広がる丘陵地帯で最上のキアンティ・クラシコを生産しているGreve in Chiantiグレーヴェ・イン・キアンティ村に位置する秀逸な生産者ヴィティッチオ
ここが生み出すリゼルヴァは、どのヴィンテージも非常に優れた仕上です。

★権威ある専門誌でも、その力強く凝縮感満点のワインに相応しい評価。


●赤ワイン イタリア トスカーナ グレーヴェ・イン・キアンティ
2015 Chianti Classico Riserva  Fattoria Viticcio
【2015キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ ファトリア・ヴィティッチオ】

■ブドウ品種:90%サンジョヴェーゼ 5%メルロー 5%シラー
■醗酵:ステンレス・タンク醗酵、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵
■熟成:オーク樽熟成12ヶ月(225L、新樽使用せず)後に大樽にて8カ月熟成。
■瓶熟成 6ヶ月以上
アルコール度 14%   
容量 750ml


【コメント by デューク根木】
【外観】
狭いエッジがピンクを帯びた非常に濃いガーネット。全体的に黒みの強い美しい色調。粘性は強い。

【香】
カシスやブラックチェリーのコンポートの果実香とスミレの花やバラの香。木樽由来のバニラ、ビターチョコの香に、ドライトマト、ブラックオリーヴの香。加えてリコリス、ブラックペッパー、ナツメグのスパイス香。濃縮感ある香で素性のよさが認識できる素晴らしいアロマ。

【味わい】
アタックは滑らかで、残糖が心地よく濃縮感ある高密度の仕上がり。フルボディ(辛口)丸みのあるタンニンと溶け込んだ酸味、豊満な果実味。木樽由来のチョコやバニラフレーヴァーも広がり厚みのある見事な味わい。フレーヴァーは広がり続け長い余韻へと続く。

◆飲み頃:今〜2030年
◆サービス温度:17℃
◆グラスタイプ:大きなボルドーグラス

【合わせる料理】
牛ロースステーキ、赤ワインソースを添えて。
焼肉
タリアテッレ 鶏レバー、砂肝の煮込みソース。
角切り牛肉の赤ワイン&トマト煮込み


【土壌について】
トスカーナの優良畑に多いといわれる泥灰土の(石灰分の多い粘土質)ガレストロ土壌はサンジョヴェーゼの栽培に最適な土壌なのですが、ヴィティッチオの場合、粘土質が多い『マチーニョ土壌』を克服し、コクのある重厚なワインを生み出しています。酸性の粘土質である『マチーニョ土壌』はメルロの栽培に最適な土壌で、この赤ワインにもブレンドされています。




妥協のないワイン造りで、高評価を連発する造り手

たった2haからスタートし、常に高評価を獲得する造り手へ成長

ヴィティッチオは、トスカーナ州のフィレンツェとシエナの間、グレーヴェ・イン・キャンティの緑豊かな丘にあります。ワイナリーを設立したのはトスカーナの北部に住んでいたランディーニ家。キアンティに移住した後、1964年に土地を購入し、ワイン造りを始めます。当時はたったの2haからのスタートでしたが徐々に増やしていきました。

ヴィティッチオのワイン造りはキャンティクラシコの可能性を表現すること。グレーヴェ・イン・キャンティのテロワールは素晴らしく、さらにキアンティ・クラッシコ地区では誰も実践していなかったキャノピーマネージメント、グリーンハーヴェストなどをいち早く取り入れました。


●ヴィティッチオのブランドを守る若き獅子
キアンティ・クラシコの銘醸ワイナリーとして一躍有名になったヴィティッチオですが、

●2014年からはオーナー変更
ビバ家がヴィティッチオのブランド名を引き継ぎました。コンセプトはそのままに、彼らの情熱と熱意によって新たに自然と人間との調和を目指したワイン造りを目指しています。ワインは変わらずクラシックでエレガントさがあり今後も期待の持てるワイナリーです。



●テロワールを尊重し素晴らしいワインを造る事を目指す

ヴィティッチオのワインを造るチームは皆、キャンティ出身。一緒に育ってきた人たちで構成されています。地元に深い愛情と豊富な知識、経験を持っていますおりキアンティに対する想いは皆人一倍熱く、畑やセラーでの仕事ぶりからも愛情が伝わってきます。

ヴィティッチオのワイン造りは伝統を尊重ししながらも、新しい技術もしっかりと見据えバランスを取りながらワインを造っています。また、環境を尊重し次の世代でも健康な土地ブドウからワインが造れるようにオーガニックを実践しています。

2003年以来、ブドウ畑の8ヘクタールはでビオディナミを実践、 2013年からは全ての畑はオーガニックで栽培されています。2017年1月の認可を目指しています。「素晴らしいワイン造りはブドウ畑で始まる。」をモットーにテロワールを尊重し素晴らしいワインを造る事を目指しています。



最高のサンジョヴェーゼ種を活かす栽培方法を実践
■化学肥料は一切使用せず、オーガニック肥料を使用。

 サンジョヴェーゼ種の畑の一部(2ヵ所)でビオディナミを実践しています。また、ファビーノという雑草を植えて、春に土と一緒に植え込み、土壌に窒素を与えています。


■この土地ではオーガニックでのブドウ栽培やビオディナミの手法を用いることで素晴らしいサンジョヴェーゼができることが分かり、自然に近い農法を積極的に取り入れています。


★極上のトップキュヴェ『プルナイオ』はブルネッロと同じクローンを使用。
1985年にプルナイオ畑にサンジョヴェーゼを植樹しましたが、この頃にまだクローンなどという概念はなくランディ氏がモンタルチーノからサンジョヴェーゼを購入、台木420Rに接木して植えました。したがって、プルナイオはサンジョヴェーゼ・グロッソ種(ブルネッロ種)を使用している、ということになります。


●出荷イコール飲める状態のワインであるべき
地下セラーは湿度が80%、温度は夏場でも16℃まで、冬は10℃以下には下がらない、という非常に恵まれた環境。
自分たちの考え方は、ワインは「出荷可能となる=飲める状態」にある、というものである。

★ワイン・スペクテイターでトップ100位に!

ヴィティッチオのワインは毎年高い評価を得ています。
特にキアンティ・クラッシコ・リゼルヴァはアメリカのワイン評価誌であるワイン・スペクテイターで高得点を取り、即日完売してしまうほどの人気!
年間のワイン・ランキングでもトップ100に入る快挙を成し遂げたほど!



【ワイングッズの総合ページ】

◆ワイングラス  ◆お手入れグッズ ◆デキャンタ
◆保存グッズ   ◆便利グッズ   ◆コルク抜き
◆ソムリエナイフ ◆木箱      ◆ワインセラー

【お客様へ】
■商品の問合せはお名前と件名を記載してメールでお願いします。

■営業時間 12時〜20時

■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)

★全てのワインはセラー室で保管管理。


    〜宝探しのワインワールド〜
【ワイン専門店 ワインカーヴ根木 WINE CAVE NEGI 】
(◆旧名:ワインの根木酒店)
 http://1616wine.com
福岡市西区愛宕1-24-6
◆営業時間:12〜20時
■定休日:水曜(毎週)・第3金曜(※祭日は営業)
wine-negi@muse.ocn.ne.jp

●試飲会(毎週開催)    ●豪華ワイン会ディナー(毎月開催)
試飲会 豪華ワイン会ディナー

●20歳未満への酒類販売はお断りします。


デューク根木おすすめ商品

































































































2016フィサン ドメーヌ・コワイヨ

5,830円(税530円)
SOLD OUT













最近チェックした商品

会員専用ページ

ログイン

おすすめ商品

ワイン試飲会

ワイン担当者紹介

デューク根木

私の実績&タイトル

★日本ソムリエ協会認定ソムリエ

★フランス食品振興会認定フランスワイン〈コンセイエ〉

★2008ロワールワインコンクール・ファイナリスト

★第8回ワインアドバイザー全国選手権ファイナリスト

★オーストリアワイン大使

★博多阪急デパート・ワイン講座講師

メルマガ登録・解除

メルマガ登録・解除はこちら

モバイル